1

ペナント

4 ペナント

高値と安値で線を引くと、上辺が右下がりで下辺が右上がりになり、線の幅が徐々に小さくなっていきます。

三角保ち合いが出た時は、いずれ上下どちらかにブレイクすることになります。下図はは上に抜けたパターンです。

どちらに抜けるかは、抜けてみないとわかりません。一度上に抜けたと見せかけてすぐに下に抜けるダマシもありますので、注意しましょう。

 

上昇ペナントの場合最低上限で3点・下限で2点の基点が無いとエントリー出来ません。

それに対して上昇フラッグの場合、最低上限2点・下限1点でエントリー出来ます。

a11

 

4 トラッキングトレード

プロの戦略で自動FX、利益が2倍・3倍!?試してみませんか?

公式サイトはこちらFXブロードネット