fd

エリオット波動

エリオット波動はFXで為替取引をするのに知っておいて損はないいものです。 為替相場は、価格を上下しながら、上昇したり下降するものです。その時に、為替相場は、一定のリズムをもち1つのサイクルの繰り返しで展開していると言われています。
エリオット波動には、図1のように、8つの基本的な流れがあります。上昇5波、下降3波です

図1kl
上昇トレンドになったと考えた場合。
上昇(1波動)⇒下降(2波動)⇒上昇(3波動)⇒下降(4波動)⇒上昇(5波動)
この5つの波で大きな上昇を作ります。これを『衝撃波』といいます。

その後、天井をつき、下降となった場合。
下降(a波動)⇒上昇(b波動)⇒下降(c波動)
この3つの波で大きな下降を作ります。これを『修正波(訂正波)』といいます。

この8つの波で、1つのサイクルを形勢しています。

そして、エリオット波動の波を確認するときには条件があります。
①2波動目の安値は1波動目の安値を下回らない。
②衝撃波の3波動目が一番大きく動く
③1波動と4波動は重ならない(1波動の高値が4波動の安値より高くならない)
④衝撃波では1波動と5波動の長さが同じになることが多い。
⑤修正波ではA波動とC波動が同じ長さになることが多い。
⑥ターゲットはフィボナッチ係数と合わせて算出する場合が多い。

e2

今度は、上の図を見てください。
上昇(衝撃波)5波動の1波目は、詳細に見るとさらに上昇5波動を形成していたりします。すなわち、小さな上昇5波動が大きな上昇の1波を形成しているのです。少し、文章で書くとややっこしいですが、まとめます。

小さな上昇5波動で大きな上昇1波動目を形成し、小さな下降3波動で大きな下降2波動目を形成しています。
そして、同じように大きな3波動目~5波動目まで、小さな波を作って上昇していってます。
修正A波動では小さな5波動の下降をして、修正B波動では、小さな上昇3波動を形成してます。
修正C波動で小さな5波動で下降してます。
大きな上昇5波動(衝撃波)は小さな上昇21波動の波を作って上昇してます。
大きな下降3波動(修正波)は小さな下降13波動の波を作って下降してます。

大きな1つのサイクルを作るのに衝撃波21波動+修正波13波動を合わせた小さな34の波動を形成しているのです。

エリオット波動を見ていると、FXで為替取引をするトレーダー達の人間心理がうかがえます。それは、底をついたと判断したプロトレダーは、上昇1波で、恐る恐るながら買い始めます。まだまだ不安が残るトレーダーは2波で一度、手じまえします。これが2波での調整となりますが、その後、2波での低値が1波の低値まで下がらず、価格が上昇したのを確認したプロトレーダー達は自信を持って一斉に買い始め、一気に価格は上昇。これが3波目が一番大きく動く理由です。そして、4派目で、利食いと上からの圧力が少しずつ加わり始め調整されます。、そして、3波の上昇をみていた一般トレーダーが、乗り遅れてはいけないと参入。さらに5波で上昇。その時、プロトレーダー達は利食いを考え始めています。そこで天井を打つたと判断したプロのトレーダーは、一気に利食い。A波で下降に反転。すると、おいおい待て待てと、驚いた、一般トレーダーが抵抗を見せたり、押し目と間違え買い増し、B波で少し価格が上昇。。しかし、下落圧力に負け、抵抗及ばず、損切りを巻き込みながら急下落。これがこの繰り返しで相場は上下しながら動いているのかも。なんて感じのシナリオが浮かんでしまいました。これは、私の想像ですがエリオット波動の8波のイメージが、よりリアルに感じられたのではないでしょうか。

エリオット波動は1930年代にRNエリオット氏によって発表された相場の波動理論なのですが。ある年のこと、相場に疲れ果てたエリオットさんは、海辺で1人、静かに波お見ていたそうです。それは何日も何日もです。すると、ある日、とあることに気づきました。それは、エリオット波動の基本となることです。波が5回来ては3回戻っているのです。それを、様々な形で研究してゆくと、大宇宙から極小の原子の世界まで共通して存在する波動体系だということにたどり着いたのです。そして、彼は、その波動を株価相場に適用させたそうです。

ダウ理論のトレンドの法則と併用すると、より効果的。