inuneko

自動売買のFX取引方法

例えば、横はFXブロードネットのレイト画面でですが、「自暴売買」つまり価格をきめて予約注文しておけば、その価格になると、自動的に、約定して取引が開始したり、自暴的に決済してくれる便利な注文法です。赤丸で囲んだ「注文」と言うボタンを押すと、なんやら、見慣れない言葉が出てきますが、慌てることはありません。しってしまえば、とっても便利なものです。もちろん、利益獲得にも役立ちます。cyuumonn

【指値注文】(さしね):これは、あらかじめ自分が買いたいなと思った価格に予約注文ができると言う事です。リミット注文とも言う。

例えば現在の価格が仮に100円だったとしましょう。どうやら上昇相場(上昇トレンド)になってきました。だったら今は100円だけど99.50円まで下がることがあったら「買い」たいと考えた時、99円50銭に指値注文をいれておけば、もし、価格が99円50銭(99.50)思惑通りに下がってくれれば現在の価格よりも利益を出すのに有利な価格でポジションが持てることになるのです。

下落相場(下降トレンド)でも同じです。現時点の価格より高い価格に予約をいれ有利なポジションを持つ事が出来る注文方法です。

【逆指値注文】(ぎゃくさしね):これも、あらかじめ予約の出来る注文方法ですが、指値とは逆にどちらかと言うと現在のレート(価格)よりも不利な価格に予約を入れるという注文方法です。gy

具体的に説明すると、これは、どちらかと言うと中級者以上のトレーダーが使う注文方法ですが、

例えば、現時点での価格は100円で売ってみたいなと言う局面です。価格をしばらく眺めていると同じ価格99.70円まで下がると価格が跳ね返されて99.70円よりどうしても価格が下がりません。

これがサポートラインですが、こんな時に相場は99.70円を切ると大きく下がる可能性が高くなります。ブレイクアウトと言いますが、相場は、超えることがなかなかできない価格よりも不利な価格サポートラインの下の価格に予約を入れる、ここでいえば99.70円以下に逆差し値注文をいれて、更なる下落を期待して利益を得る注文方法です。損切にも使う場合があるので、ストップ注文とも言う。

【OCO注文】(オーシーオー注文):指値注文と逆指値注文を1回の注文で両方注文できる注文方法です。どちらか一方の予約価格で約定されれてポジションをもてれば、もう一方が自動的にキャンセルされるという注文です。また、ポジションを持っちる時も使えます。利益確定と損確定の注文を同時にできると言う事ですね。

rejisapo

【IFD注文】(イフダン注文):これはとっても便利な注文です。指値での注文(自分に有利だと思え荒れるな価格と決済の注文(利益確定したい価格)をいっぺんに注文できる優れものです。

【IFDOCO注文】(イフダンオシーオー注文):これはIFDとOCOがいっぺんにできる注文です。これは指値の価格と利益確定の価格プラス損切の価格(ここまで損が膨らんだら取引を終了したい価格)の注文がいっぺんにできる注文法です。

一二度、経験してしまえば、慣れて、便利なツールだと思います。