ギャンのト取引ルール28の法則

 

それでは、伝説の投資家ウィリアム・デルバート・ギャンのトレードルールを紹介していきます。28項目になりますが、しっかり、勉強してください。

第1条 資金管理と損失限度  

投資用資金を10等分して、1回の売買における損失限度は、その10分の1以にすること。

第2条 ストップロス

ポジションを持っと同時にストップロスを必ず設定する。上記の損失限度内にストップを必ず置く。

第3条 オーバーポジション

過剰な売買を決してしてはいけない。自分の資金量、自分の能力に応じて適切な取引をする。

第5条 トレールリングストップ

例えば、「買い」ポジションを持っていたとして価格の上昇に合わせてストップラインを切り上げゆく。そのことで、損がなくなり、安心して大きな利益を取れる。トレールストップを詳し

第6条 迷いは禁物

迷った場合、ポジションを持たない。ポジションを持った後に、迷ったら、即、手仕舞う。

第7条 流動性とボラティリティ

流動性の低い相場ではトレールをしてはいけはい。ボラティリティの低い相場でトレードをしてはいけない。

第8条 リスク分散

リスクを分散して、資金の集中を避けること。FXならば一つの通貨ペアが良さそうだからといって、それだけでのトレードを避ける。ポートフォリオ

第9条 指値注文は使わない

成り行き注文で取引はする。これは、現在のFXでは指値注文も武器になります。

第10条 理由ある手仕舞

確固たる理由なしのに手仕舞はしない。自分の決めた「買う」「売る」のルールを守って手仕舞いする。

第11条 余剰資金をつぎ込まない

実現した利益は、別勘定として確保する。利益が出たら出た分をよけておく。そろりえきをプラスして全資金で取引をして、逆方向に行ってしまったら、損が一機に大きくなってしまうから。

第12条 小利益売買の禁止

小遣い稼ぎのような売買はしない。損小利大にはんするような売買をしない。損小利大は相場において最大の鉄則です。

「日本人の投資家の一番よくしてしまう失敗は、マイナスが出た時損切できずにコツコツ貯めてドカーンと損する」

第13条 ナンピン禁止

ナンピンはトレダーが陥るかもしれない最悪の失敗のひとつ。一番大きな損失の可能性がある。

第14条 我慢の必要性

我慢できずに手仕舞をしたり、我慢できずに待ち切れれないでポジションを持ってはいけない。ポジポジ病になってしまう。

 

aa11

 

第15条 利小損大の禁止

利益が出たらすぐに確定してしまう。損が出た時は損切が出来なくて大きな損をかかえてしまう。それはいけない、利益は大きく、損は少なく。利大損小でトレードする。

第16条 ストップロスを取り消さない

ロスカットラインを設定しているのに、それに近づいてくるとストップロスを引っ込めてしまう。損切を避けてはいけないと言う事。

17条 頻繁売買の禁止

頻繁に売買を繰り返しても、手数料やスプレッドで損をするばかりです。また、ミスも多くなります。過剰に頻繁な売買は避けること。

18条 ショート(売り)の活用

為替の場合は、売りも買いもどちらも儲けるチャンスがあります。ロング(買い)だけではなくショート(売り)も活用すること。

第19条 値頃感の禁止
安値覚え、高値覚えは禁物です。「安くなったから、そろそろ買おう」ではなく、「安くなったから、もっと安くなるかも」と考えましょう。決して値頃感で売買してはならない。

第20条 ピラミッディングのタイミング

早過ぎると、トレンドができていないので、跳ね返されてしまうこともあります。ピラミッディング(買い増し、売り増し)のタイミングに注意すること。レジスタンス・サポートをブレークしてから買い増し、売り増しをすること。

第21条 ピラミッディングの選択

商品や株の場合、銘柄によって上昇トレンドの強いもの、下降トレンドの強いものがあります。買い増しするときは強い上昇トレンドを示すもの、売り増しするときは強い下降トレンドを示すものを選ぶこと。 為替の場合も両建ては禁物です。

第23条 理由とルールに基づいた売買
ルールに従うことが重要です。

明確な理由なしにポジションを変えないこと。明確な理由のもと、明確なルールに従って売買を行うこと。

第24条 利益確保後の売買の禁止

利食いした後、ズルズルと売買を続けると損失につながります。十分な利益を確保した後は、意味のない頻繁な売買を行わないこと。もうはまだなり、まだはもうなり。相場の天底に関して勝手な憶測を行わないこと。

第26条 不確かな助言による売買の禁止

市場のうわさ話とか、掲示板の話とかは無視しましょう。自分より優れた人の場合を除き、他人の助言に基づいた売買は行わないこと。

第27条 損切り後の資金量縮小

負けたら、次は小さく勝負することです。大きく勝負して負け続けると、あっという間に全資金を使い切ってしまいます。損切りを行ったら、取引量を減らすこと。決して増やしてはならない。

第28条 不適切なポジションメークと手仕舞いの禁止

ポジションを建てる時も手仕舞いする時も、ルールに従うことが重要です。間違った取引はたとえ一時的に利益を上げられても間違っているのですから、次に同じ事をすると、損をすることになります。不適切なポジションメークと手仕舞いを避けること。

これを基本に考え投資家の道を歩んでいきましょう。