inuneko

ストキャスティクス

 ストキャスティクス
stcs一般的にストキャスティクスは買われすぎや売られすぎを計測するオシレーター系のインディケーターの1つで、オシレーター系のインディケーターでローソク足チャートの下に別枠で表示されます。一般的に知られているのは逆張りトレードを基本として表示します。%Kと%Dの線で構成され、%Kは終値がある日数N例えばN=20日の高値と安値の価格レンジの中でどの位置にくるかを示した線で、%Dは%Kは3日の平均をしたものです。主役は%であります。%がその20日のレンジのどこにいるかを知るためのもです。%Dは%この3日平均の計算で算出されています、より滑らかな動きに変化させた線です。エントリーポイントは%kが80%ラインを超えて戻ってきた価格が「売り」となります。けして%Kえお超えた価格ではなく戻ってきた価格です。もちろん「買い」はその逆で20%をこえて戻ってきた価格が「買い」のエントリーポイントはとなります。

4 スローストキャスティクス
ストキャスティクスよりも動きを遅くして、より正確なシグナルを示すグラフのインディケーターです。15%以下で売られすぎ、85%以上で買われ過ぎで逆張りトレードに使います。

その他にも利益を獲得するために知っておきたいインディケーター色々あります。それらの解説は以下からどうぞ(^◇^)

aline「ダウ理論を知ろう」➡こちら

aline「移動平均」 ➡こちら

alineラインとは➡こちら「ライン」

aline「一目均衡表」➡こちら

alineフィボナッチ」➡こちら

aline「MACD」➡こちら

aline「ボリンジャーバンド」 ➡こちら

aline「チャート」のページに戻る➡こちらチャート

alineFXが始めたくなったら                   初心者でも安心FX会社➡公式サイト集はこちら

 

4 トラッキングトレード

プロの戦略で自動FX、利益が2倍・3倍!?試してみませんか?

公式サイトはこちらFXブロードネット