1555

移動平均線(SMA)(EMA)

☆移動平均線を知ろう

1008

移動平均線はチャートの上に表記するインディケーターのひとつです。上のローソク足チャートの上に曲線が表記されています。 それが移動平均線です。

移動平均線はどお言うものかと言いますと、過去〇〇日の終値の合計をその〇〇日で割って平均の価格を出し、その価格を線に結んだものです。具体的に〇〇日が20日であれば、現在のローソク足から過去20日間の終値を足して20でわって算出された価格と価格を線で結んだものが曲線として描かれたものです。

これを単純に終値で計算した移動平均線なので単純移動平均線(SMA)と呼びます。ここでは20日なので20日移動平均足又は20SMAと言います。5日なら5日移動平均足又は5SMA,10日なら10日平均足、10SMAと呼びます

通常、移動平均線と言うと単純移動平均(SMA)の事を言うのですが・移動平均線には色々種類があり、単純移動平均(SMA)の他に平滑移動平均(EMA)と言う移動平均線があります。平滑移動平均線(EMA)の名前は難しそうですが、難しく考えないで大丈夫です。

平滑移動平均(EMA)は、単純移動平均(SMA)との違うところは、単純移動平均(SMA)が、ただ単に終値を平均するだけなのに対し、平滑移動平均(EMA)は、より現在に近い終値を重視して作られた移動平均線です。4日前より3日前、3日前より2日前、2日前より当日と言ったように、より当日に近い平均を重視して表示している移動平均線です。細かい計算方法は、ここでは、無視して大丈夫です。EMAの利点は、SMAよりEMAの方が反応が敏感です。と言う事は、価格の変動により近いスピードで反応すると言う事で個人的にはEMAを好んで表示しています。

一般的にSMAEMAはトレンド系のインディケターなのでトレンドを見るために活用します。ので、移動平均線の曲線が、右肩上がりであれば、上昇トレンド、右肩下がりであれば、下降トレンドです。

あと、付け加えておくと「買い」ポジションを持っている人々は、移動平均線の上に価格がある時は利益を持っていると言う事になり、逆に、価格が移動平均線の下にあれば、損益が出ていると言う事を意味します。

22enn移動平均線を利用して利益を狙う方法     

ゴールデンクロスとデッドクロス

 

alineゴールデンクロス                                                                     短期移動平均線が長期の移動平均線を上に抜けること、そこが「買い」のサインと言われています。

alineデッドクロス                                短期の移動平均線が長期の移動平均線を下に抜けること、そこが                                                                                                                                          「売り」のサインと言われています。

1111131

22enn3本の移動平均線を使って利益を狙う方法

その3本の移動平均線とは、短期・中期・長期の移動平均線を表記させたものです。(日足チャート以上の時間足が有効性が高くなる)

1033

にここでは、短期移動平均線を5EMA・中期を20EMA長期移動平均線を40EMAとします。FXで利益を獲得することが出来るのはトレンドがある相場です、それを判断する時に、移動平均線の短期・中期・長期の並び順を確認します。

上から、短期(5EMA)中期(20EMA)長期(40EMA)の順に並んでいたら安定した上昇トレンドで「買い」トレードで利益を狙い。

逆に上から長期(40EMA)中期(20EMA)・短期(5EMA)で並んでいたたら、下降トレンドで「売り」トレードで利益を狙うのは勝つ可能性が高いです。

エントリーポイントは移動平均線がその準になつた価格、利食いは移動平均線の順番が崩れた時です。これは絶対ではありません。相場の世界で絶対すなわち、聖杯はありませんが、何だか勝てるような気がしませんか。

22ennもう一つ、移動平均線を利用して売買ポントを判断する有名な方法があります。それは➡こちら「グランビルの法則

その他にも利益を獲得するために知っておきたいインディケーター色々あります。それらの解説は以下からどうぞ(^◇^)

aline「ダウ理論を知ろう」➡こちら

alineラインとは➡こちら「ライン」

aline「一目均衡表」➡こちら

alineフィボナッチ」➡こちら

aline「MACD」➡こちら

aline「ボリンジャーバンド」 ➡こちら

alineストキャスティクス➡こちら

aline「チャート」のページに戻る➡こちらチャート

alineFXが始めたくなったら                   初心者でも安心FX会社➡公式サイト集はこちら