kami

一目均衡表

一目均衡表は日本人初のテクニカル指標で昭和11年に一目仙人さんが考案したものです。はじめは株のテクニカル指標で考案されましたが、現在FX相場においても利用価値の高いテクニカル指標と言われています。

相場が変化しやすい一定期間を設定し、その間に為替を買った人と売った人のあob均衡点を計算して、これをチャートに描画することによって、現在の相場が買った方が優勢にあるのか、売り方が優勢にあるのかが一目でわかる指標です。

一目均衡表では、①転換線②基準線③先行スパン1④先行スパン2⑤遅行スパンの5つの指標を用いて分析を行います。

①転換線は、当日を含む過去九日間の最安値と最高値の平均ちを描画していった線で9日間の買い方と9日間の売り方の均衡点が一目でわかる線です。この転換線を価格が下に抜けたら短期トレンドにおいて、売り方優勢、逆に価格が上に抜けた時は短期トレンドにおいて転換線を上に抜けたら買い方優勢とみてとれます。また、このラインが均衡点であることから、トレンドが出ている相場において、上値支持線、又は、下値支持線として機能することがあります。

②基準線は、当日を含む過去26日間の最高値と最安値の平均値を描画していった線です。26日間における中期トレンドの買い方と売り方の均衡点が一目でわかる線です。転換線と同様、トレンドが出ている相場においては上値支持線、または下値支持線として機能することがあります。

koutenn価格が転換線と基準線を上に抜け、さらに転換線が基準線を下から上に抜けることを「好転」といいます。

好転」は一般的に上昇トレンドに転ずるひとつの目安として知られています。また、価格が転換線と基準線を下に抜け、さらに転換線が基準線を上から下に抜ける事を「逆転」と言います。「逆転」は一般的に相場が下落トレンドに転ずるひとつの目安として知られています。

 

③先行スパン1基準線と転換線の平均値を当日を含めて26日先に描画した線です。

④先行スパン2当日を含めた過去52日の最高値と最安値の平均値を当日を含めて26日先に描画した線です。

itmoku1そして、先行スパン1と先行スパン2にで挟まれた部分を車線で塗りつぶされている部分を「」または「抵抗帯」と呼んでいます。先行スパン1と先行スパン2は共に上値支持線と下値支持線の役割を果たしています。特に先行スパン2は長期トレンドの均衡点を表す線で特に強い押し目や戻りとなることがあります。逆にトレンドが出ている相場で価格が雲を突き抜けた時は、相場のトレンド転換が強く現れたとみることも出来ます。トレンドが転換するポイントや持ち合い相場では先行スパン1と先行スパン2の上下が入れ替わる時があります。それを「雲のねじれ」と言います。

⑤遅行スパン当日の終値を当日を含めて26日間後ろにずらして描画した線です。遅行スパンを価格が下から上に抜ける事を「好転」と言い、トレンドが出ている相場では上昇トレンドへと移行する目安になります。逆に遅行スパンが上から下に抜けることを「逆転」と言いトレンドが生じている相場では下落トレンドとへと移行する目安になります。そして、ここまで説明した3つのシグナルが同時に現れることを「三役好転」または「三役逆転」と言います。勝てるヒントガ見つかりましたか。

その他にも利益を獲得するために知っておきたいインディケーター色々あります。それらの解説は以下からどうぞ(^◇^)

alll移動平均alllMACDalllボリンジャーバンド」 

alllストキャスティクス

alllチャート」のページに戻る➡こちら「チャート

alFXが始めたくなったら                   初心者でも安心FX会社➡公式サイト集はこちら