e

フィボナッチリトレースメント

相場はトレンドが発生したときでも価格が一直線に動くわけではなく、「戻り」「押し目」の動きを繰り返しながら動いていきます。上昇相場における「押し目」や下降相場における一時的な「戻り」の目標価格を判断する指標として「フィボナッチリトレースメント」が使われます。

リトレースメントとは「引き返す、後戻りする」といった意味です。

引き方としては、どのFX会社でもフィボナッチリトレースメントと言う項目を選んで、高値と思われる価格と安値と思われる価格を結ぶと自動で引いてくれます。

フィボナッチリトレースメントでは、フィボナッチ比率に基づいた38.2%、61.8%と補足的に50%の水準が用いられます。

強いトレンドの場合は、38.2%前後の戻りにとどまり、弱いトレンドの場合は、半値戻し50.0%前後又は61.8%前後まで戻ります。それ以上戻った場合には、このトレンドの起点となったポイントまで全て戻るという考え方が一般的です。

具体的には、任意の直近の高値(安値)と安値(高値)を結び、その下降(上昇)幅を38.20%、50.0%、61.80%で分割し、「戻り」の目標値を算出します。

Fibonacci

 

図は「FXブロードネット」より

 

 

 

上図では、AからBの下降トレンドがBを底(安値)に上昇へ転じています。これがどこまでで戻るかを予想する時、Aからの下降幅をフィボナッチ比率で分割した水準(a、b、c)がその候補となります。

フィボナッチリトレースメントの利用方法

上昇トレンド中に、価格が下がった時、どこまで下がるか・・・。

Fibonacci2

上図では、AからBの上昇トレンドがBを天井(高値)に下降へ転じています。これがどこまでで戻るかを予想する時、AからBの上昇幅をフィボナッチ比率で分割した水準(a、b、c)がその候補となります。上図の場合ですと「a」の付近まで戻っているのがわかります。

下降トレンド中に、価格が上がった時、どこまで上がるか・・・。

Fibonacci3

 

 

 

 

 

上図では、AからBの下降トレンドがBを底(安値)に上昇へ転じています。これがどこまでで戻るかを予想する時、AからBの下降幅をフィボナッチ比率で分割した水準(a、b、c)がその候補となります。上図の場合ですと「b」と「c」の付近で戻っているのがわかります。

その他にも利益を獲得するために知っておきたいインディケーター色々あります。それらの解説は以下からどうぞ(^◇^)

aline「ダウ理論を知ろう」➡こちら

aline「移動平均」 ➡こちら

alineラインとは➡こちら「ライン」

aline「一目均衡表」➡こちら

aline「MACD」➡こちら

aline「ボリンジャーバンド」 ➡こちら

alineストキャスティクス➡こちら

aline「チャート」のページに戻る➡こちらチャート

alineFXが始めたくなったら                   初心者でも安心FX会社➡公式サイト集はこちら

4 トラッキングトレード

プロの戦略で自動FX、利益が2倍・3倍!?試してみませんか?

公式サイトはこちらFXブロードネット